人々の生命にひそむ魔性に打ち勝つ要諦を教えられた御書に、

 「第六天の魔王・十軍のいくさを・をこして・法華経の行者と生死海(しょうじかい)の海中にして同居穢土(どうこえど)を・とられじ・うばはんと・あらそう、日蓮其の身にあひあたりて大兵を・をこして二十余年なり、日蓮一度もしりぞく心なし」(辧殿尼御前御書、御書224ページ)と仰せです。

 仏法では、この現実社会(娑婆世界)は第六天の魔王が支配する国土であると説かれています。ゆえに、法華経の行者が娑婆世界を仏国土に変革しようと立ち上がると、第六天の魔王は断じて阻止しようと、魔軍を率いて襲いかかってくるのです。

 「とられじ・うばはんと・あらそう」と仰せです。まさに広宣流布とは、仏の勢力が領地を得るか、魔の軍勢に奪われてしまうかという熾烈な死闘です。

 第六天の魔王が率いる「十軍」とは、人間が持つさまざまな煩悩を十種類に分けたものです。すなわち「十軍」と戦うということは、「己心の魔」との真剣勝負であり、生命にすくう「元品の無明」の克服にほかなりません。

 この胸中の魔性に打ち勝つ要諦とは、第一に「日蓮一度もしりぞく心なし」と示された通り、「不退転の信心」です。 
 第二の要諦は、「挑戦の心」です。第六天の魔王という根源的な魔性に立ち向かっていく断固たる挑戦を「大兵を・をこして二十余年」と仰せになっています。
 現代において、法華経の行者の使命を担い、人間の内なる魔性との戦いに挑んでいるのが創価学会員です。私たちの日々の対話運動とは、社会全体を生命の根源的な次元から変革しゆく偉大なる挑戦なのです。

 自身の人間革命も、宿命転換も、勇敢な「難を乗り越える信心」、そして「絶対勝利の信心」の決意を持っているかどうかに、かかっているのです。
シティーオブロンドン2